MENU

いびきの解消は口呼吸の改善から

口呼吸に悩んでいてどうにかしたいと思っている方は多いです。まず呼吸について少し説明しますが、鼻から入った空気というのは空気中の埃をとって乾燥した空気に湿度をつけて刺激の少ない状態で喉や肺に届いていきます。

 

ですが、多くの方が口呼吸になってしまっていて、乾燥した空気がそのまま喉などに届いてしまいます。口呼吸で悩んでいる人は起床時に喉が痛かったりするという方が多いですが、これは乾燥した空気が入って痛めてしまっています。

 

じゃあ口を閉じれば解決ではと思いますが、そういう単純なものではなく、実は舌の位置が関係していることが多いです。舌の位置も正しい位置というものがあります。

 

それは口を軽く閉じた際に上顎に舌がぴったり張り付いた状態です。もし下の歯の後ろに舌がある場合は低位舌であり、こういう方は以外と多くいらっしゃいます。

 

低位舌の方は舌の筋肉が衰えている状態であり、舌が喉の奥に落ちてしまって気道を狭めることでいびきの原因になります。正しい位置に舌があると口呼吸をしたくても出来ないので自然に鼻呼吸をしてしまいます。

 

つまり、口呼吸を改善したいという場合は舌の筋肉を鍛えて、舌を正しい位置に置くということが大事になります。

 

じゃあ舌の筋肉を鍛えるにはどうすればいいのかということになりますが、舌のエクササイズをしましょう。方法は口を閉じた状態で歯と唇の間に舌を入れて回します。左右交互に回すことで舌の筋肉を鍛えられますし二重顎の防止にもなります。