MENU

子供のいびきの原因と対策

赤ちゃんや子供というのはいびきは基本的にはかきませんが、子供がいびきをかいていたり、呼吸が苦しそうな場合は病院での治療が早期で必要です。子供のいびきにはどんな病気があるのかについて説明します。

 

まず特徴に関してですが、そもそも子供はいびきをかきませんので睡眠時にいびきをかいている場合はもしかしたら何かしらの病気の可能性があります。激しいいびきや無呼吸を発症している子供というのは深い眠りができておらず、睡眠が十分に取れないと成長ホルモンの分泌にも悪影響がでて成長や発達にも関係してきます。

 

また、いびき以外にも日中にぼーっとしていることがある、口呼吸が多い、息を吸い込んだ際に胸部が陥没してお腹だけ膨らんでいるという場合は医師にすぐに相談してください。

 

原因に関してですが咽頭扁桃や口蓋扁桃の肥大などがあります。どちらも大きくなることで気道が狭まってしまっていびきが発生してしまいます。ちなみに咽頭扁桃の肥大というのは小児特有の病気であり、大きくなる原因が飼い舞いされていません。

 

ちなみに花粉症などのアレルギー性鼻炎で慢性的に鼻づまりが続いている場合は口呼吸の習慣がつき、いびきをかきやすくなってしまいます。

 

もしいびきの症状があれば病院での治療の必要があり、手術治療と保存的治療のどちらかになります。ちなみに咽頭扁桃や口蓋扁桃の肥大が原因である場合は切除で摘出する手術治療が行われます。1週間程の入院が必要になりますが、手術後はいびきの症状はすぐに改善されるでしょう。とにかく子供の睡眠時にはしっかりと注意してみておく事が大事です。