MENU

お酒を飲むといびきが悪化する?

お酒を飲んだ日だけいびきが酷いと指摘されたことはありませんでしょうか。実は飲酒をすることでアルコールを摂取しますが、このアルコールにはいびきと関わる働きが非常に多くあります。

 

むくみというと目の周りや足といったイメージが強いですが身体に蓄積された余分な水分というのは重力に従って顔全体がむくみます。そうなると花の粘膜もむくんで鼻づまりを引き起こします。

 

飲酒によって血行がよくなると鼻の粘膜の血流量も増加してさらに鼻の粘膜がはれぼったくなります。そうすると鼻いびきが大きくなってしまいます。

 

また、お酒を飲むとアルコールの脱力作用で口周りの筋肉、舌や咽頭に筋肉も弛緩してしまいます。その状態で仰向けで寝ると舌が喉に落ちやすくなり気道が狭まります。さらに口も開いてさらに舌が喉におち無呼吸症候群を引き起こしてしまう可能性もあるでしょう。

 

ちなみにどうしてお酒をのむとむくんでしまうのかというと、そもそも飲酒は利尿作用がありトイレが近くなりますので排出しているのになぜむくものでしょうか。これは利尿作用以上の過剰な飲酒、そしてお酒を飲んですぐ寝てしまうことで余分な水分が身体に残ってしまってむくみが発生してしまいます。

 

ですので、飲酒をする場合は適量を飲むようにして、さらにお酒を飲んだ後にすぐ寝るのではなく、少し酔いを醒ましてから休むようにしましょう。そうすることでむくみが改善され、いびきのリスクも少なくなるはずです。